【ヨーロッパへの留学生にオススメ】ドイツのオンライン銀行N26

スポンサーリンク
イタリア生活

今回はドイツのオンライン銀行N26の紹介をします。

寮の友達からN26という維持費のかからない銀行口座があると聞いていたのですが、もうその時にはイタリアの銀行で開設してしまったので後回しにしていたのですが、、、

つい先週末にようやくN26銀行口座の開設をしました!

イタリアに来てイタリア政府奨学金を受給する為に口座が必要でとても大変でした。

滞在許可証が必要だったり、なぜか「うちの銀行では開設できない」と言われたりと銀行口座を開設するのに難関があります。

イタリアの銀行口座についてはこちらをご覧ください↓

本日のラインアップ

N26のメリット

1.維持費がかからない
2.
滞在許可証が必要ない
3.
オンラインで申し込みできる

こんな人にオススメ

1.奨学金アルバイトでユーロを受け取る
2.学費・家賃が銀行振り込み
3.Transferwiseで日本円からユーロに換金したい

(※1)Evolution cardとEnjoy cardを銀行口座と表現していますが、実際はIBAN付きプリペイドカードでほとんど銀行口座と変わらないように使うことができるものです。
この違いについては今後説明しようと思います。

N26のメリット!

維持費がかからない

イタリアの銀行口座には開設費に加え、月々の維持費が掛かります。

現在僕が使用しているUBI Banca のEnjoyカード(※1)は€2/月つまり年間24ユーロかかります

しかし、このドイツのN26 Standerdという種類の普通口座は維持費が無料です。

さらに、欧州圏内なら銀行振り込み手数料も無料です!

留学生活ではバイトもあまりできないですし、友達付き合いをすると出費が重なってしまいます。

少しでも

滞在許可証が必要ない

一番の問題が滞在許可証になります。

Ufficio Postaleを例とする銀行では滞在許可証のカードが必要です。

滞在許可証のカードをもらえるのは、イタリア到着から3-4か月後

僕の場合は9月中旬にイタリアに到着しカードを受け取ったのは2月中旬なので5ヵ月かかりましたね、、、

奨学金を受給する場合は10月中にはIBANという銀行口座番号が必要になるので間に合いません。

また、予約票で大丈夫な銀行もあります。

しかし、僕の知っている中で年間の維持費が一番安い銀行口座が12ユーロUfficio Postale(郵便局)のPostepay Evolution(※1)です

維持費が高くなってしまいます。

N26では必要な情報は主に以下の4つになります。

メールアドレス
電話番号
イタリアの住所(日本から申し込む場合知人の住所でも大丈夫だそう)
納税者番号 Codice Fiscale(日本から申し込む場合大学出願の時に発行していると思いますので書類を確認してください)

このように滞在許可証がいらないので日本からでも申し込むことができます。

オンラインで簡単に申込できる

イタリアで銀行口座の開設で難しい所は、銀行や支店によって対応が異なることです。

先ほど言ったようにUBI Bancaという銀行でEnjoy card(※1)を開設しましたが、寮から一番近い支店では開設することができませんでした。

しかし、同じ寮に住んでいるロシア人の友達はできていました。本当かどうか分かりませんが、白人金髪は優遇されやすいと他の友達が言っていました。

この様にイタリアでは必要書類を満たしていても開設ができない場合があります。

N26はオンラインで簡単に開設することができます。

さらに最近まではビデオ通話による英語での本人確認のための質問があったのですが、現在はパスポートの写真を撮って送ることで本人確認ができます

スポンサーリンク

こんな人にオススメ!

奨学金やアルバイトでユーロを受け取る

先ほども言ったようにイタリア政府奨学金を受給するには現地の銀行口座が必要です。

現地の銀行というよりもIBANという所在国、支店、口座番号を特定するための国際基準であり、欧州を中心とする77か国で使用されています。

日本学生支援機構からの奨学金を受給する場合は、日本円で受け取ることになるのでIBANは必要ではありません。

またアルバイトする時の給料の振込に必要になります。

日常的なバイトではなく、日本人のスタッフが欲しいなど単発のバイトがあったりします。

その時にIBAN付きの銀行口座がないといけません。単発のバイトの場合は、友達の銀行口座でもよいパターンもあります

学費・家賃が銀行振り込み

大学の授業料をオンライン決済でできる大学があります。

ローマ大学サピエンツァもその大学の一つで、クレジットカードでも支払うことができます。

しかし、僕が日本のクレジットカードで試した所、エラーが出てしまいできませんでした。

結局、イタリアの銀行口座のカードを使って支払いをしました。

家賃銀行振り込みのケースも多いです。

僕の寮は銀行振り込みでの支払いになります。

年間で4回に分けて支払うのですが、毎回日本の銀行から振り込みを行うと手数料だけで1万円以上かかってしまいます。

アパートを借りるにしてもイタリアの銀行は入金にも手数料がかかるので手渡しではなく銀行振り込みが主流ですので、欧州のIBAN付き銀行口座があると便利です。

Transferwiseで日本円からユーロに換金したい

この2年間で様々な方法で換金しました

クレジットカード
キャッシュパスポート(プリペイドカード)
日本の銀行から海外送金
空港で換金

クレジットカード
日本のクレジットカードが使えない時がある

キャッシュパスポートは使い勝手が悪い
チャージが面倒
送金手数料がかかる
ATMの引き出し手数料がかかる

絶対にオススメしません!

日本の銀行から海外送金
海外送金の理由を証明する書類が必要
手数料がとても高い

空港で換金
・銀行に入金しないといけない、そして入金に手数料がかかる
・大金を持ち歩く危険性

Transferwiseのメリット

・手数料が安い
銀行振り込みするだけ

プロモーション

現在(2021年1月)友人に招待するとボーナスをもらえる制度があります。

これは紹介した側と紹介された側の両方が€5ユーロをもらえるそうです
是非次のリンクからサイトへ飛ぶか、コードを入力してもらえると嬉しいです!

リンク:https://n26.com/r/yoshioh6034
コード:meit6995

まとめ

今回はドイツのオンライン銀行N26についてのメリットと必要な人について紹介しました

大事なポイントはこちらになります。

維持費がかからない/滞在許可証が必要ない/オンラインで申し込みできる

イタリアだけでなくヨーロッパに留学する人にとって、とても安く開設・運用できる銀行口座になるのでオススメです!

コメント

  1. アバター 橋爪 より:

    はじめまして、美容師のユキさんの知り合いのハシヅメです。
    気になったことがあったので、コメントいたします。Postepay Evolutionはプリペイド式(carta prepagata)であり、厳密には銀行口座ではありません。では、本物の銀行口座(conto corrente,もしくはconto bancario)と何が違うのか。たとえば、携帯電話、水光熱費、ネットの月額定期契約などの、自動引き落としが、プリペイドの場合はできません。その他にも、プリペイドではできないサービスがあるのですが、学生の場合はあまり影響がないので気にしなくていいと思います。
    これからも、あとに続く人に有益な情報を頑張って提供してください。応援しています。お互い頑張りましょう。

    • ダンボ ダンボ より:

      ハシヅメさん、始めまして。
      コメントとご指摘頂きありがとうございます。「イタリアの銀行口座を開設しよう」では銀行口座ではなくプリペイドカードである事を注意書きしていたのですが、すっかり忘れていました。
      本物の銀行口座との違いは知りませんでした。去年iliadのSIMを契約しようとした時にはじかれてしまったのですがそれが理由だったのですね。また一つ学ばせて頂きました。今後来る人達の為に、情報を残しておきたい思います。
      応援ありがとうございます。頑張りましょう。
      また、何か気になることがありましたらご指摘のほどよろしくお願いします。

タイトルとURLをコピーしました