【ローマ観光】サンタンジェロ城に行ってきました!

スポンサーリンク
ローマ

ローマ大学建築修士課程のカザフスタン出身の友達とサンタンジェロ城へ行ってきました。

コロナの影響で1年ぶりに会いました。動画の方で少し登場しています。

係りの方に聞くとサンタンジェロ城から見える外の景色なら動画の撮影がオッケーということだったで、最後に動画もありますんで是非見てください!

ラインアップ

観光のコースを4つに大きく分けたいと思います

  1. エントランス
  2. 建物の中へ
  3. テラス
  4. り返し

エントランス

こちらが城壁内へのエントランスになります。

チケット売り場は門を入りへ行くとあります

チケットがこちら
有難いことにイタリアでは建築学生は多くの美術館・博物館・遺跡に無料または割引で入ることができます。

そのまとめがこちら↓

チケット売り場を通過し城内へ

まずは外の城壁を周っていきます!

攻撃から守る白なので防衛のための大砲の展示があります

これは何なんですかね。

避難場所かなぁと話していました。

近くで見ると迫力があります

城壁の中に街があるみたいですね


サンピエトロ大聖堂が奥に見えますね。

建物の中へ

霊廟に入るとすぐ登っていく階段があります。

所々にこの様な穴があります。

ルパンででてくる落とし穴みたい

霊廟、丸い建物の中心部分になります。

この窓は庭に繋がっています。

光を取り込むために作られたのでしょうか

進んでいくと中庭に出ます!

この像は昔は屋根の上にあったのですが、作り替えられた時にここに置かれました。

ミケランジェロによってデザインされたファサード。

あの有名なミケランジェロだっけな?、、、、

建物の中層からの景色です

サンピエトロ大聖堂など見えて、ここからでも景色がいいですね。

天井の絵がすごいですね

ファルネーゼ家で唯一教皇になったAlessandro Farneseの時に作られて部屋

隣の部屋です

中央にはサンピエトロ大聖堂と広場へと繋がる道に見え、右にはうっすらと霊廟が見えます。

想像の絵だと巡回の人が言っていました。

テラスへ

この像は  年にオランダ人の という芸術家によって創られた青銅による天使の像になります。

サンピエトロ大聖堂と広場がよく見えますね

こちらは反対側
最高裁判所があります。

こちらが旧市街の方向の写真です
太陽の関係であまりよく見えないですね。

肉眼ではパンテオンの屋根も見えました。

折り返し

Alessandro Farneseのストーリーが描かれている絵があるそうです

フリーズという天井の下の壁の部分に寓話の絵が描かれています。

半円状の中庭

こちらはクレメンス教皇の時代に作られ部屋です。

暖炉の両端に蜂の像がありますね。これはバルベリーニ家の家紋になります。

これはパンテオンの柱の上についているので是非確認してみてください!

エレベーターの後がありました。

奴隷の人力によって動かしていたのかなと思いました。

お墓の理想の形なのだと思います。

出口も壮大です。

この空間は大きなトラベルティーノという大きな石を削ってできていて、建物の中でも一番古い時代になります。

遺跡感がすごくありますね。

おまけ

【ローマ観光】サンタンジェロ城に行ってみた!

基本情報

Web:http://castelsantangelo.beniculturali.it/
Tel:+39066819111
料金:€15
住所:Lungotevere Castello, 50, 00193 Roma RM

行き方

メトロ
Ottaviano(メトロA線)から徒歩15分

バス
ヴェネチア広場から 46,62,64,916

周辺観光地

  • サンピエトロ大聖堂
  • ヴァチカン美術館
  • ナヴォーナ広場

まとめ

今回はローマの観光地であるサンタンジェロ城を紹介しました。

ローマの数ある観光地の中でもなかなか面白く見ごたえのあるモニュメントです。

この際はほとんど人がいませんでしたが、普段は人で溢れている活気ある場所です。

是非、ローマに訪れる機会がありましたら訪れてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました